読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

長文書

主にビートマニアのことについて書くブログ。元々は別の場所で書いていたけれど、はてなブログへ移転しました。その際、別所で書いた記事を一部こっちに移植しました。

練習曲の選び方について

なんかの曲の練習するためになんか代わりの曲やってみるみたいなやつ(サファリの代わりにライズンやったりするやつ)を、インターネットをやっているなら一度は見かけたことがあるんじゃないでしょうか。僕はついさっき見かけました。それについて思うところがあるので少しばかり書きます。

その前に1つ。サファリの練習のためにライズンビューティーをやるのはあまり効率が良くないです。理由は後ほど。

別の曲を練習にすることついては僕は賛成派です。この文章が読める人のほとんどは学校で義務教育を受け、それが修了しているでしょう。学校では物事を段階的に教えます。そのやり方に何年間も付き合わされているなら、否が応にもそのやり方に慣れるでしょう。なのでビートマニアでも同じように段階的に習得していくのがオススメです。

段階的に習得するためには、練習曲も段階的に難しくする必要があります。そのためには☆10の中にどの程度の段階があるか知っておいた方が得です。なのでライズン単曲粘着するよりも、未プレーの譜面やあんまり記憶にない譜面をやって☆10の段階を知っておくのが吉です。

ライズンビューティーがサファリの練習に最適だった時代もあるのでしょうが、今や☆10は400以上もの譜面がビートマニアに収録されています。400譜面ある☆10をひと通り触れば分かるかもしれませんが、ライズン以上にサファリの練習になる譜面は相当数あります。と言っても、400譜面もある☆10の中からそれを探し出すのは面倒ですね。折角なので☆10の全譜面を触ったことのある身としていくつかポイントを上げてみます。

え!?☆10って400譜面もあんの???

まずはサファリの譜面を見てください。
http://textage.cc/score/3/t_safari.html?2HA00

結構赤いですね。キーボードの[K]を押すと皿が58枚もあることが分かります。しかも皿が降ってくるところは大体3~4つの同時押しになっています。このことに触れてるのをあまり見かけないのですが、サファリは皿複合曲です。オススメの練習曲は、あー、うーん、やっぱり言いません。こういうところで具体的な曲名を出すとライズンの二の舞になりそうなので。鵜呑みにしてサファリができるようになった人が「サファリはブルストやってればできるようになる!」みたいなことを言い触らしそうじゃないですか。いやいやいや、そんなの嫌だ。なので自分で探してみてください。☆10をどんどんプレーしていって、気になる譜面があったらやり込みましょう。

ちょっと愚痴言っていいですか?前にツイッターで「スマイルオブユーはS乱一択」って口癖のように言ってた時期があるんですよ。そしたら知り合いの八段がそれを鵜呑みにして、また別の知り合い(中伝、スマイルオブユーを正規でAAA出せる)にS乱でやるのを提案したっぽいんですね。いやいやいや、お前完全な格上に何言ってんのって感じ。相手を否定するような提案はただでさえ失礼だってのに、自分の方がヘタクソなのにそれ言うのか?自己ベ300点伸ばして出直して来いよ。以上です。愚痴まで読んでくれてありがとうございます。

話は戻って練習曲のことですが、この選び方は恐らく☆10以上にも使えます。そして僕は思いつきました。Verflucht†だけをやるより、Verflucht†より遅くて重い物量とVerflucht†並みに速い物量をどっちもやりこめば段階的に上手くなるんじゃないかと。それを今実践しています。今に見とけよ。もう「ランプの割りに物量が下手」とは言わせないからな。(誰もそんなこと言ってないけど、自分で思ってるだけ。)

絶対にビートマニア上手くなろうな!