長文書

主にビートマニアのことについて書くブログ。元々は別の場所で書いていたけれど、はてなブログへ移転しました。その際、別所で書いた記事を一部こっちに移植しました。

【ハースストーン】デッキメーカー大会

こんばんは。sage_2dxです。久々にブログを書きます。

最近自分の中でかなりアツいゲームがありまして、ハースストーンって知っていますか? 音ゲーと同じか、同列に迫るくらいハマってます。

ルールは簡単。ミニオンと呼ばれるモンスターや、呪文、武器などを使って相手のライフを0にすれば勝ちのカードゲームです。

カードゲームと言うと「難しそう」「カードの効果やコストを覚えられない」と思う方もいるでしょうが、このゲームはかなり簡素でカード初心者にもオススメできるイチオシゲームです。

f:id:mailtosage:20170718020757p:plain

実際のゲーム画面。ミニオンを並べてあと一息で勝利のところで一発逆転のカード「ヨグ=サロン」を出されるsage_2dx。

 

さて、そんなハースストーンですが僕の周りでもプレイヤーが結構いて、よく集まってハースストーンの話で盛り上がったり新しいデッキを作って対戦したりします。今回はそこで行われた「デッキメーカー大会」について紹介します。

デッキメーカーとは?
shindanmaker.com

デッキメーカーとは見ての通り、デッキに入れるカードを決めるための診断メーカーです。好きなカードを入れられないので、ネット上に転がっている強いデッキレシピは軒並み使えなくなります。この診断メーカーで出てくるお題が絶妙にシビアなものばかりで、身内対戦も普段より一層白熱した戦いになりました。対戦後に各々のデッキを見せ合ったのですがこれが中々に珍妙で愉快なので、ここで紹介します。

 

自分(@sage_2dx)

f:id:mailtosage:20170718023553j:plain

僕は「カード名の長さが9文字以上のドルイド」でデッキを作りました。文字数で9文字だとさすがにデッキを組めないので読み上げ9文字(小文字は1文字でカウント)にしてます。

デッキの特徴としては序盤で低コストのミニオンを並べて、中盤でそのミニオンを強化。後半で強いミニオンを出して逆転勝利!といった感じですね。
「マーロック」と付いているカードは低コストで低パワー、しかしマーロック同士で強化ができるという特徴を持っています。味方を強化するシナジー効果は絶大で、ほとんどマーロックだけでデッキを組んだ「マロパラ」や「マロシャーマン」のようなデッキも作られるほどです。

実際に使ってみた感想ですが、使ってみると思ったほどカードが回らず、マーロックを強化できずに倒されて盤面を巻き返せないケースが多かったです。改めて見返してみるとマーロックカードはデッキの半分弱、しかも強化対象のマーロックが体力1ばかりだったのであっさりと倒されてしまいましたね。もう少し回ると思っていたのですが考えが甘かったです。トーナメント形式で対戦してベスト4には入れたのでまあまあですね。

 

コトバッチ(@kotobacchi)

f:id:mailtosage:20170718025103j:plain

お題は「カードに3の付くローグ」です。基本的にコスト、アタック、ヘルスのどれかが3のカードを選ぶことになります。

このゲームでコスト3、アタック3、ヘルス3と言うと低パワーな部類に入るのでデッキも低パワーになるだろうと予想していたのですが、6コスト4/5の「サン」ウォーカー、自分のミニオンのコストが「3」増えるベンチャー社の傭兵がかなり強力で、中々の強デッキになっています。
結果は準優勝。試合中にサンウォーカーは一度も出ませんでしたが、傭兵が猛威を奮いました。

 

そめむー(@somem0769)

f:id:mailtosage:20170718025709j:plain

お題は「カード名が○○の××ウォリアー」です。

僕のデッキで説明した種族「マーロック」のカードは、基本的にほとんどのカードが「マーロックの××」となっているため、デッキに多数採用できます。
僕のデッキと異なる点は、コストが全体的に低め、マーロック以外のミニオンも強化できる、自陣のミニオンの数に応じて自身を強化するミニオンが入っている点です。デッキ構成の時点で僕よりかなり強いです。
褒め始めるとキリがないほどよくできたデッキなのですが、中でも特筆したいのが「満腹のスレッシャドン」と「フロストウルフの将軍」です。デッキ全体のコストが低めなため序盤を凌がれると巻き返すのが難しくなってくるのですが、このデッキでは、スレッシャドン(倒されたときにマーロックを3鯛召喚する)で自陣にミニオンを並べ、フロストウルフ(自陣のミニオンの数だけアタック/ヘルスを強化する)というコンボができます。見事なデッキだ。

結果は堂々の1位。優勝です、おめでとうございます。

 

園田うき(@ukitouchtypist)

f:id:mailtosage:20170718031541j:plain

お題は「カードの絵が暖色系のメイジ」です。見事に真っ赤ですね。

デッキの特徴としては、呪文を使ってミニオンを除去し、空になった盤面に自分のミニオンを並べていくタイプです。相手ヒーローのヘルスを削ったところでトドメの呪文「パイロブラスト」や「ファイアーボール」を放ちます。
更にミニオンの種族「エレメンタル」同士のシナジー効果を使い、自分の手札を切らさずに試合を有利に進めていくことができます。
メイジの呪文は炎系・氷系に強いものが多く、このお題なら炎系の呪文の大半を使えるのでかなり強そうです。

いやーそれにしても暖色ばかり。ミニオンも呪文も……ん?

f:id:mailtosage:20170718033448j:plain

 

ん・ん・ん~?

f:id:mailtosage:20170718033747p:plain

青くね?

 

青いです。絵柄の7割くらいが寒そうな色してます。いやまあ左手は赤いですけど、3割くらいしか赤くないです。これはこれは……

園田うき、失格。

 

ということで、最終的な結果は以下の通りです。

優勝 ○○の××ウォリアー
2位 3のつくローグ
3位(失格) 暖色メイジ
4位 9文字以上ドルイド

中々に熱い駆け引きが展開され「それ構築済みデッキだろ!」とか「そのカード入れたかったけど、名前が短いから…」とか普段は聞けないようなワードの飛び交う大会となりました。機会があればまたやりたいです。次があれば僕のお題は「翡翠&中立ドルイド」がいいなぁ。

 

デッキメーカー大会についてはコトバッチさんの記事でも書かれていますので、こちらも是非読んでみてください! 

 

monosasimi.hatenablog.com